金属アレルギーのMacBook使い必携のリストラグセット

金属アレルギーのわたしは、MacBook Pro のアルミに触れながら作業する時に、不快な感じをずっと抱いていた。特に症状が出ていたわけではないが、触れている箇所がむずむずした。

今年の1月、Amazon を徘徊しているときにこのリストラグセットの存在を知り、これでアルミと接触しなくてすむと思い、即購入した。装着してみると、見た目も気にならないし、手を置いている時の柔らかい感触もよい。もう10ヶ月以上使っているが、特に汚れも目立たない。

金属アレルギーの MacBook 使いで同じような悩みを持たれている方は試してみてはどうだろう。MacBook Air 用も同じ会社から出ている。

 

ここからは、2015年9月26日追記

金属アレルギー持ちが新型MacBook を使う時はキーボードカバーを使うといいよ

新しく 12インチの MacBook を購入し、アルミに触れないようにする対策を行ったので紹介する。購入したのは、サンワサプライから出ている Macbook 12インチ用キーボードカバー。リストラグセットも探したが、現段階ではまだ発売されていないようだ。

上の商品写真を見ても分かるように、キボード面の全体を覆うものだ。しかしながら、全体を覆ってしまっては、新設計のバタフライ構造と呼ばれるキーボードの使い勝手に影響しそうじゃないか。そう考えたわたしは、アルミと手が触れるところだけカットすることにした。以下に手順をまとめた。

アルミと手が触れる部分を切り取る



これがパッケージ。



中身を取り出す。



カッターでアルミと手が触れる部分を切り取る



片方切れた。



もう片方も切る。



表面のフィルムを外す。



MacBook に装着。はがしやすいので何度も位置調整できた。



これで、手を置いてもアルミに触れることはない。一安心。

購入した当初は、ひょっとしてアルミの質がかわって大丈夫になったかも、と思いそのまま使用していたが少し長い時間使用しているとやはり手がムズムズしてきた。このカバーをつけることによって安心して長時間タイピングできるようになった。