【先行レビュー】α6000シリーズの新定番!標準ズームレンズ『TAMRON 17-70 F2.8』


2021年1月14日にTAMRONから発売予定のAPS-Cサイズミラーレス一眼カメラ対応のソニーEマウント用標準ズーム「17-70 F2.8」をレビューします。発売に先駆けてタムロンさんよりレビュー用に貸していただきました。2020年12月に発表されたので、気になっている方も多いのではないでしょうか。


2週間くらいかけて、ポートレートビデオ作例をつくった他、いろんなところでスナップ写真を撮ってきました。そんな作例をふんだんに紹介しつつ、このレンズの特徴、使ってみての感想を7つのチャプターにわけて紹介します。主に動画用途で購入を考えている人、スナップ用途の人などさまざまかと思います。ぜひ気になっているポイントを中心に見ていただければと思います。




レビュー動画



レンズの特徴


コンパクト設計でソニー製 APS-C サイズミラーレスカメラとの組み合わせは抜群。スペックの中で最も特的なのは、17-70mm(35mm 換算焦点距離:25.5-105mm 相当)という、いわゆる便利ズームでありながらF2.8通しという点で、実用性に非常に優れています。

また、手ブレ補正機構が搭載されています。ボディ内手ブレ補正搭載、非搭載のどちらのカメラに装着しても補正 効果を得られます。さらに動画撮影時には AI テクノロジーを活用した補正が可能、こちらはレビュー動画をご覧いただければと思います。


AF精度・スピード


AF駆動には独自開発のステッピングモーターユニット「RXD」を搭載。動きのある被写体を的確に捉えるだけでなく、動画撮影でもその力を発揮します。また、静粛性にもすぐれており、動画での使用に適しています。


最短撮影距離


APS-C サイズの標準ズームとして従来のスペックを大幅に上回る、最短撮影距離 0.19m を実現。 テレ端も 0.39m という十分な近距離撮影性能を確保しているため、迫力あるクローズアップ撮 影をお楽しみいただけます。


気になった点


1つだけ気になったのは、手ブレ補正の切り替えスイッチがない点です。三脚で撮影する場合は、ボディ内手ブレ補正をカメラ本体のメニューからOFFにする必要があり少し面倒と感じました。動画を撮る時は三脚を使うことも多いので、スイッチで切り替えられた方がよかったです。コンパクトボディ追求のため、仕方なかったのかもしれません。


TAMRON 17-70 F2.8 作例(カメラはすべてα6400)


ポートレート写真作例


モデルは、miiさんです(miiさんのTwitterアカウントはこちら)。













スナップ写真作例




















テーブルフォト作例











F値ごとのボケ味


F値ごとのボケ味をみてみましょう。F2.8では、まったくクセがないわけではなく、やや玉ねぎボケ(渦巻き状ボケ)が出ていますが、4.1 倍ズームでありながらこれだけ綺麗に柔らかくボケます。


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F2.8


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F3.2


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F3.5


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F4


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F4.5


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F5


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F5.6


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F6.3


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F7.1


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F8


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F9


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F10


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F11


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F13


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F14


TAMRON 17-70 F2.8 F値ごとのボケ味

F16


ポートレートビデオ作例



主にボケ味を見ていただくために、絞り開放で個別のシーンを長めにしました。SONY α6400でジンバルは使わず手持ちで撮影しました。


まとめ


換算25.5-105mmでF2.8通し、解像感よし、ボケ味もよし、1本で様々状況に対応できる抜け目ないレンズです。これからα6000シリーズを買う人の最初の1本としてもオススメできます。α6000シリーズの新定番標準ズームレンズと言えるでしょう。



関連記事

この記事のタグから関連する記事を表示しています。

能登島の海と古民家でポートレート撮影 - Tamron 28-75mm REVIEW(SONY α7 III)

新発売 タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD の特徴の1つ、近接領域撮影で母の日に贈る花の写真を撮る

【作例あり】タムロン 70-180mm F/2.8 Di III VXD (Model A056) 先行レビュー、待望のソニーEマウント用望遠ズーム登場!

Eマウント50mm MFレンズ頂上対決!カールツァイス Loxia 2/50 vs フォクトレンダー APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

Eマウント単焦点50mm MFレンズ頂上対決!カールツァイス Loxia 2/50 vs フォクトレンダー APO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical

Kimono Portraits on Kodak Portra 800 / Contax G2 & Nikon F100

左:CONTAX G1 / 中:CONTAX G2 / 右:Carl Zeiss Sonnar T* 90mm F2.8

CONTAX G1 / G2 買うならどっち?作例てんこもり徹底レビュー

RICOH GR Ⅲ (GR3) Portrait Photography / 夕暮れ時のポートレート

RICOH GR III (GR3) を使った夕暮れ時のポートレート / Portrait Photography

Nikon D6 着物ポートレート作例

Tomoo Ichigami

いちがみ トモロヲ15VISION代表

ストリートスナップ中心、時々ポートレート。YouTubeにカメラ・写真ネタの動画あげてるから見てね。本業はUIデザイナー。研修講師や記事執筆(テクニカルライティング)なども。

お問い合わせ

お問い合わせ、ご質問、何かしらのご依頼、応援メッセージなどありましたら、LINE@にてご連絡ください。

LINEでメッセージを送る

検索

タグ